余震もないのに津波が起きるとは衝撃もあると感じるが

火山の噴火も多く発生する国でもあるインドネシアで大きな津波が発生したと言うがここでも犠牲者がたくさん増えたと言われているが不思議な事に地震が発生していなく不思議な事で津波の発生が起きたと言われているが実は意外な所で津波が作られていたのが火山の噴火だったという事が分かったがどのあたりで起きたのかわからない所もあると言われている。

と言うのもインドネシアの島々では火山の噴火も起きている所もあるので住んでいる人には悩ませていると言うがこうした火山の影響で噴火して津波が発生するのはどうなのか疑問視があると感じられていたが今回の津波になった事は火山の噴火で土砂崩れが起きてその影響があった事で津波が発生したという事になるがこの津波が押し寄せたのが夜だったのでこうした犠牲者が出たと感じらた。

その時に防災無線などあれば避難誘導ができたがこの時にはこうした事がないまま被害が拡大になったかも知れないと思われているが日本ではこの様な津波があったのかと思われますが今の時代ではなすが戦国時代などこうした所で起きたと思われている。

しかし、鹿児島では桜島が現在も噴火をしている事や南海トラフ地震の発生もあると言われているのでインドネシアで起きた津波は非常に考えさせられる問題だと思っているかも知れないという事もあるので警告をしている感じもある。

これは桜島だけではなく口永良部島の火山が噴火しているのでこの様な所でも今回の津波にはどうなのか難しい問いになると感じられている所もあるので防災意識を高めた方がいいと思うかもしれないと言う事にになる。

日本でも緊急速報が通用しない事もあるので課題も起きている。

今後はどう守っていくのか地震以外での津波が発生した時にはどう行動すればいいのか考える余地があると思うのです。キャッシング 無利息